アウトドア好きにおすすめのバーベキューとは

アウトドア好きにおすすめのバーベキューとは アウトドアが好きな仲間や家族と出かけたときには、食事はバーベキューがおすすめです。
最近では道具はすべてレンタルさせてもらえるところが多いですので、食材など必要最低限のものだけ用意しておけば簡単にバーベキューを楽しむことが出来ますし、ゴミなどもまとめて捨てて帰ることができるので大変便利です。
バーベキューをするときには食材の買い出しも楽しみの一つです。
現地のスーパーで購入するのが一般的かもしれませんが、前の日に下味をつけて置いたり下ごしらえしておくと当日とても楽ですので、お肉の下味や野菜のカットなどできる限り前の日までに準備しておくのがおすすめです。
バーベキューでは色々な食材を用意しておいた方が飽きずに楽しく最後まで楽しむことが出来ます。
パテを焼いてハンバーガーなどを作るのもおすすめです。
炭水化物というと一般的には焼きそばが人気ですがパテと野菜をパンにはさんで流行のボリュームのあるハンバーガーを作るとこどもも喜びます。
アウトドアに出かける時には汚れても良いファッションをしていくのもポイントです。
特にバーベキューは服が汚れやすいですのでエプロンや汚れても良い服装でアクティブにたのしみましょう。

バーベキューでのアイデアは時間短縮に役立つ

バーベキューでのアイデアは時間短縮に役立つ 料理を作るとき、一品一品作っていてはどうしても時間がかかってしまいます。
最終的に複数の料理を作るとき、それを同時に作るようにすればトータルの時間を減らすことができます。
バーベキューでも複数の料理を作るときがあり、それを一つ一つ作っていては時間がかかります。
アイデアをうまく使えば、一つの火種で同時に複数の料理を作ったりすることができます。
火を起こしたとき、その上に網などを置いてそこで食材を焼いたり煮たりします。
それだけだと一品しか料理が作れません。
そこで火に直接かけて料理を作る工夫を入れます。
アルミホイルなどで食材を包めば、焦がさずに加熱調理が行えます。
ただ野菜をホイルに包んで火の中に入れておくだけで、別の料理を作ることができます。
簡単にメニューを増やせます。
バーベキューでは、料理を作るだけでなく後片付けのアイデアも必要です。
全員が一度に行おうとしてもなかなか行えません。
水が出るところは限られているからです。
新聞紙などを用意しておき、それで大まかな汚れを取っておきます。
汚れを吸った新聞紙はゴミ袋に入れて持ち帰ります。
ある程度汚れが取れた状態なら、軽く水を流すだけで調理器具や食器の後片付けができます。

バーベキュー用の具材購入でおすすめの施設とは

今では幅広い年代の方が、休日を利用して家族や恋人・お友達と一緒にバーベキューをなされるようになりました。この際、必ずといっていいほど肉や野菜などをたくさん買い込んで現地に向かうものです。
今ではスーパーマーケットはどこでもあるので、具材購入で困ることはありません。
しかし、少しでもコストを削減したいと思うのが一般的でしょう。ここではバーベキュー用の具材購入でおすすめのショップをご紹介します。
それは大型ストアであり、国内では外資系企業が運営を実施されているところです。倉庫販売とも称されており、基本はまとめ売りのスタイルとなっています。
たとえばバーベキュー用の肉であれば1キログラム以上の分量となり、カットもされていないので単価がお安くなっています。
また野菜も冷凍になされてるので、長期間保存をすることも可能です。バーベキューではたくさんの人が参加をするため、まとめ売りで購入をするのが望ましいスタイルです。

バーベキューをするときに気になる安全性について

バーベキューは外で食事をすることができますから、普段の食事とは違った魅力を味わうことが可能です。ただ外で肉や野菜を焼いたりして食べることになりますから、安全性に不安を感じてしまう人も少なくないと考えられます。
基本的にどこでバーベキューをするのかによっても違いがあり、自宅の庭でやったりする場合はそこまで危険性はない筈です。
当然ながら自宅でやる場合は火事などに気をつけないといけませんから、その点は事前に水バケツなどを用意しておくことで対策するのが大切になります。
自宅以外の遠い場所でバーベキューをする場合は食材を現地まで持って行かないといけませんから、クーラーボックスなどを活用しないと食中毒を起こすリスクがあるかもしれないです。
現地の近くにあるスーパーマーケットなどを利用することによって、食中毒などのリスクは軽減することができます。
また虫などの対策もしておかないと、バーベキューが終わった後に虫刺されなどで大変なことになる可能性は高いです。

バーベキューの食料の下ごしらえは家から行っていくことが大事

日本では春から夏・秋にかけてアウトドア日和となります。昨今ではバーベキューをする方が多くなり、専用施設も全国で続々と誕生してきました。
これから家族や恋人と一緒にバーベキューに行こうと思われている方も多いことでしょう。そこで簡単に、食料の下ごしらえのコツをご紹介していきます。
新鮮さを保つのであれば、現地で食べる前にした方が良いと思われるものです。ところが、これはNGです。正解は家から行って行くことが大事です。
理由を述べると、肉だと現地でカット・タレの漬け込みをするのに時間が掛かりすぎて、バーベキューを楽しむ余裕がありません。
また都心部ではなく山間部の施設だと豊富で清潔な水を確保しにくいので、かえって衛生面が危なくなるわけです。食料の下ごしらえでしたいことは、肉の味付けと野菜のカットの2つです。
もしも魚を持参するのであれば、切り身にしてから冷凍をしておき、クーラーボックスに入れて持っていくようにします。

基本は持ち帰り!バーベキューで使った炭の消火方法

バーベキューの片付けをする際に考えておいてほしいのが、使った炭の消化方法です。そのまま放置するのはマナー違反というだけでなく、土地の管理者に迷惑をかけてしまいます。
そんなバーベキューで使った炭を消火するときは、その1つ1つを専用ハサミでつかんで水を張ったバケツに入れて消した後、ビニール袋に保管して持ち帰り、燃えるゴミに出します。
中には使ったすべての角に水を一気にかける方もいますが、水をかけた瞬間に水蒸気と煙が大量にでるため周囲に迷惑をかけたり、後片付けした荷物にホコリがかかるため、よくありません。
また土に埋めるのもやってはいけない行為です。土に埋めても火が消えるとは限りませんし、最悪だと山火事の原因になってしまう他、炭は土に戻ることなく半永久的に残るため、消化した跡は必ず持ち帰りましょう。
この他の消化方法としては繰り返し使える火消し壺を利用したり、上級者の中には炭が燃えきるまで使い切るという方もいます。バーベキューで使用した炭は、その場で必ず消化して持ち帰るようにしましょう。

バーベキューのコンロづくりは肉眼だけではなく

バーベキューで大変なのはコンロづくりです。すでに作られているスポットで実施する分には問題ありませんが、設置されていないところの場合、自作しなければなりません。
自作する場合には様々な方法を確認しておくことが重要です。地域の石などを使う場合、使い終わって元に戻しておくことも重要です。
自宅など決まった場所で作る場合、まずはレンガなどを使って組むという人もいます。その場合、設置する場所の地面を鳴らし、下地を用意してから作ることが重要です。万が一崩れてしまわないように、バランスを整えて実行することが重要となります。
効率よく制作するポイントとなるのは、必ずだれか1人に見てもらって作ること、またはスマホで写真を撮りながら作ることです。スマホで写真撮影をしながら作ることで肉眼では見つからない欠点などを見つけるポイントとなります。
写真をアウトドアなどでバーベキューコンロを作った経験のある人に送信し、アドバイスをもらうことも可能です。自分たちで納得できる作り方をするためには、納得できる形で製作することが重要となります。

バーベキューに関する情報リンク

彩湖道満グリーンパークでバーベキュー

新着情報

◎2022/7/10

情報を更新しました。
>バーベキュー用の具材購入でおすすめの施設とは
>バーベキューをするときに気になる安全性について
>バーベキューの食料の下ごしらえは家から行っていくことが大事
>基本は持ち帰り!バーベキューで使った炭の消火方法
>バーベキューのコンロづくりは肉眼だけではなく

◎2019/3/8

楽しむ際は一酸化炭素に注意
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

バーベキューのための便利なサービス
の情報を更新しました。

◎2018/11/26

バーベキューを業者に頼む
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

盛り上げるおすすめアイテム
の情報を更新しました。

◎2018/7/24

レクリエーションは楽しい
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました