楽しむ際は一酸化炭素に注意

楽しむ際は一酸化炭素に注意 バーベキューを行う際にコンロや焚き木などが燃焼すると一酸化炭素が発生し、万が一吸引して体内に入り込めば頭痛やめまいに見舞われるだけではなく最悪の場合は命の危険が迫ることもあります。そのため少しでも体調が悪くなったらすぐに燃焼を停止させたり、風通しの良い場所に移動して酸素を深く吸ったり、症状によっては医師に相談するなど早めの対処をするのがおすすめです。バーベキューを行う際には換気の良い場所を選んで行うのはもちろんのこと、やむを得ず室内で行う場合は少なくとも10分おきには窓を開けて換気をして新鮮な空気を取り入れます。屋外では風下に立たないように向きを工夫することが大切で、煙の流れる方向が目安になります。風上に立てばほぼ安全性には問題ありませんが、最近では携帯型の一酸化炭素チェッカーも安価で販売されており、数値で確認して早めに対処できればより安心です。バーベキューを楽しむ際には、安全性に十分配慮して行いたいところです。

初心者にはガス式のバーベキューコンロ

初心者にはガス式のバーベキューコンロ バーベキューと言えばコンロや鉄板、焼網、それに食材などを持っていって炭火焼にして楽しむといったことが多いでしょう。炭火のじんわりとしたやさしい熱で焼くとお肉も美味しく仕上がるものですが、実はガスを使うことでも楽しむことが出来ます。そういうとカセットコンロをイメージするかもしれませんが、それの上に鉄板を置いて焼くと大変なことになります。なぜかというと熱で装着しているボンベが10分程で爆発してしまうのです。大変危険ですので、そういったことは絶対にしないで下さい。バーベキューが出来る専用のガス式のコンロがあるので、それを利用するとよいでしょう。いろんな種類が出ているので、人数や用途に合わせて購入するといいです。それ程大きなものはありませんが、安全に使用することが出来ます。炭とは違ってすぐに火をつけることが可能ですし、後片付けが楽です。それに風にも強いです。火力の調整も簡単ですし、バーベキュー初心者には特に向いています。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>